タグ「スグリ」が付けられているもの

スグリ 温暖地での栽培

suguri.jpg
宝石のような実


スグリはユキノシタ科の落葉低木です。
原産地は北アメリカ、ヨーロッパです。

フサスグリよりも実が大きく、寒さに強い果樹です。
しかし乾燥にはたいへん弱いです。

夏の高温乾燥時期は水やりをこまめに行い、
株元にマルチングします。

スグリの実は宝石のように淡いグリーン色をしています。
ほとんど市販されていないので、収穫した実を味わう経験は、
家庭栽培ならではの醍醐味といえます。


■スグリ 温暖地での栽培

1.スグリの特徴
スグリは昔からガチョウ料理に使われてきた歴史があります。
そのため英名はグースベリーと呼ばれています。

スグリはヨーロッパ系のオオスグリと
アメリカスグリの2種類に分類できます。
どちらとも涼しい気候を好みます。

2.オオスグリとアメリカスグリの品種について

オオスグリは樹全体はコンパクトですが、
実は大きいので生で食べられます。

うどんこ病に弱いので、暖かい地域で栽培は難しいです。
涼しい気候の適地では、成熟は7月下旬から8月上旬ごろです。

代表的な品種には「赤実大玉」、「ドイツ大玉」があります。

アメリカスグリは樹高が1,5mぐらいまで生長し、
実の大きさはオオスグリと比べてやや小さなサイズです。

成熟時期はオオスグリと同様、成熟は7月下旬から8月上旬ごろです。
「オレゴンチャンピョン」、「ピックスウエル」などが人気が高いです。

3.アメリカスグリが比較的暖かさに強いです

オオスグリとアメリカスグリを比べると、
アメリカスグリの方がやや暖かい地域でも栽培可能です。

庭植えよりも移動させやすい鉢植え栽培がおすすめです。
風通しがよく、反日陰の煤しい環境で管理します。

>>スグリのわかりやすい育て方(鉢植え)はこちらです
>>スグリのわかりやすい育て方(庭植え)はこちらです

スグリ 剪定方法

suguri (8).jpg


スグリ、フサスグリは、
ヨーロッパ原産の落葉低木です。
これらの仲間には、グーズベリーなどもあります。
寒冷地の方が育てやすく、生垣に利用する地域もあります。
果実の色は鮮やかで、
ジャムやゼリーや果実酒によく利用されます。
発色もひじょうによく風味もよいので、
欧米では身近な果樹でしょう。
カラント類は、好条件のもとで栽培していると大株になります。


suguri (1).jpg
花も愛らしいです


■スグリ、フサスグリの剪定のやり方

1.剪定が必要なとき
カラント類は、ブルーベリーやラズベリーなどと違って、
剪定や整枝の管理は楽です。
特別な整枝はしなくてもよいですが、
枝があまりにも茂って困るような時に、
作業をするとよいでしょう。
風通しが悪くなるほど株が混んで、
うどんこ病などが出たときは、
周囲への影響を少なくするために、
適度に間引く方がよいときもあります。
剪定をする時期は、落葉してから2月ころまでがよいです。
雪が積もる地域では、雪解け後に行ってもかまいません。

2.残した方がよい枝
カラント類の株元から伸びた1年目の枝は、
翌年に結果母枝となるので大事にしましょう。
2~3年目の枝がもっとも充実して、
たくさんの実をつけます。
従って、1~3年生枝を残すようにすると、
毎年果実を楽しむ事が可能になるでしょう。


suguri (2).jpg
果実酒も美味です


3.切った方がよい枝
カラント類の枝幹は、4年以上経過すると劣化します。
老化して枯れあがることもありますし、
よい花芽がつきにくくなるので、地際付近から切除します。
枯れた枝なども整理してすっきりさせます。
スグリ類は樹高が小ぶりですが、
必要に応じて枝を半分近くまで切り詰めてもよいです。
枝の更新をして、株が蒸れにくい状態にしましょう。

>>スグリのわかりやすい育て方(鉢植え)はこちらです
>>スグリのわかりやすい育て方(庭植え)はこちらです

suguri (5).jpg


スグリ、フサスグリなどカラント類は、
スグリ科(ユキノシタ科)スグリ属の耐寒性落葉樹です。
初夏を迎えるころから、鮮やかな果実が目をひきます。

果実の色は赤、白、濃紫など品種によってさまざまで、
生食よりはジャム、果実酒、ジュースなどに、
加工した方が向いています。
カシスは、東北北部で栽培がさかんに行われています。


suguri (7).jpg


■スグリの元気がなくなった理由は

1.高温に耐えられない
カラント類は北半球の冷涼な気候が、
栽培に向いている果樹です。

夏の高温はたいへん苦手なので、
夏は涼しい環境にして育てるようにしましょう。

鉢植えなら涼しい場所に移したり、
庭植えなら日よけをするなどして、
暑さをやわらげる工夫をするとよいでしょう。

一方、寒さには強いので冬の管理には困りません。
雪国でも地植えで育てていても、
翌春にはしっかりと芽吹きます。

2.日当たりが良すぎる
カラント類は半日陰で育てた方がよいでしょう。
とくにフサスグリなどは、日当たりの加減が必要です。

直射日光が長時間当たる場所は避けたほうがよいです。
木陰になる場所を好むので、風通しをよくして、
株の蒸れと病気から守ります。

夏の強い日差しがあたると、傷んでしまうので、
寒冷紗などを利用して涼しくしましょう。

3.乾燥や湿地が苦手
カラント類は、根を浅く広げて育つ性質があります。
土壌の湿度が変化しやすいと、根が弱りやすいです。

乾燥や過湿に気を配り、
とくに夏に乾燥させないようにしましょう。
水はけが悪いところもよくありません。

夏の気温の上がる時期を迎える前に、
乾燥対策としてピートモスや堆肥などを、
厚めに敷いておくのも効果的です。

地植えで育てているものも、
雨が少ない時は水やりをしましょう。

>>スグリのわかりやすい育て方(鉢植え)はこちらです
>>スグリのわかりやすい育て方(庭植え)はこちらです