スポンサードリンク

himeringo miA.jpg
ヒメリンゴの実り


himeringo001.jpg

himeringo000.jpg
ヒメリンゴの花も愛らしい


ヒメリンゴはイヌリンゴ、セイヨウリンゴとも呼ばれ、
リンゴとズミとの交雑種など、実の小さなリンゴの総称です。

あまり大きくならず、剪定で小さくまとまりやすいので、育てやすいです。
生食したり、果実酒にしたりして利用されます。


ヒメリンゴ 庭植え育て方

栽培条件品種選び方

栽培条件
多少の乾燥や、日陰にも耐え、日本全国で育てることができます。

・品種選び
ヒメリンゴは、品種により結実性が異なるので、
苗を購入するときに、1本で結実するかどうかを確認してください。

リンゴの仲間の別種(深山カイドウなど)と混植すると、受粉しやすいです。
また逆に、リンゴの受粉樹としてヒメリンゴが利用されることもあります。


himeringo aoimi.jpg
ヒメリンゴの青い実


植え付け時期場所

植え付け
3月に植え付けます。
植え穴に堆肥を漉き込んでから植えつけ、
幼木のうちは支柱を立てて支えてあげましょう。

植え付け場所
日当たり、水はけ、水もちのよい場所を選びましょう。
ヒメリンゴは、さほど神経質に土質を特に選ばず、
あまり大きくならないので、狭い場所でも育てられます。


himeringo002.jpg
もう少し間引き剪定をすると、実が増えそうです


仕立て方剪定から収穫まで

仕立て方剪定
ヒメリンゴの剪定は、6月~7月上旬に行います。
樹形ができるまでは、あまり切り詰めず、間引く程度にします。

実がつくようになったら、長い枝を5~10芽で切り戻し、
短果枝を出させるようにします。

施肥
1月~2月に、緩効性化成肥料を施します。

摘蕾摘果
4月下旬と、5月下旬~6月上旬の2回に分けて、摘果します。

施肥
10月~11月に、サクランボ大くらいの果実を収穫します。
赤や黄色など、品種によって果実の色が異なります。

>>ヒメリンゴの苗を各種見てみる

スポンサードリンク

人気の記事