スポンサードリンク

リンゴの育て方 庭植え1|収穫量アップと栽培ポイント

rinngo kajitu.jpg
リンゴの結実


リンゴ(林檎)は、旧約聖書のアダムとイブでおなじみの通り、
古くから食用として利用されてきました。
一説では、ヨーロッパでは4000年以上前から
栽培していたとされています。

皮の色により、赤リンゴと青リンゴに分けられます。
違いは果皮の色だけで、栄養成分や、
ポリフェノールなどの身体に有用な
機能性成分などには差がありません。

「蜜」入りのリンゴの「蜜」は、葉で作られたでんぷんが、
糖の一種のソルビトールに変化し、
リンゴの果実にいっぱいにつまった結果、
細胞と細胞の隙間にあふれ出た状態です。

ソルビトール自体は砂糖ほど甘くないので、
蜜が入っているからといって特に甘いというわけでは
ないのですが、蜜が入る条件は、
おいしいリンゴができる条件と重なりますので、
おいしいリンゴの目安になります。

ただし、蜜が入りやすいリンゴと
そうでないリンゴがありますので、
あまり蜜入りにこだわらない方がいいかもしれませんね。

rinngo hana.jpg
リンゴの花


[リンゴ栽培のポイント]

リンゴは、1つの芽の中に花になる元と、枝葉になる元と、
2つの組織が一緒に入っています。

1年目、枝が伸びます。
2年目、わき芽が伸び、花芽になります。
そしてわずかに伸びた短果枝の先端に、次の年に咲く花芽がつきます。
3年目に花が咲き、実をつけます。

リンゴ栽培のポイントは、花芽をつける短果枝を多くすることです。


[ガーデニングへの応用]

リンゴは多彩な仕立て方ができます。

コンパクトな鉢植えにも仕立てられるので、
可憐な花や美しい実を楽しむ観葉植物として、
お部屋のアクセントにもできます。

また、立木仕立てにすると、樹高があるので、
メインの樹木として十分存在感を発揮できます。
トレリス仕立てにすれば、背景や垣根代わりにも利用できます。

次ページへ続く

>>リンゴの苗をみてみる