タグ「ブルーベリー」が付けられているもの

ブルーベリー 初めて育てるときのポイント

blueberry (3).jpg
ブルーベリーの色づくのも楽しみです


ブルーベリーは家庭園芸でもポピュラーな果樹です。
大きく分けて、暖地向けと寒冷地向けの、
系統の品種があります。

初めてブルーベリーを栽培するときは、
気候にあった品種を選ぶようにすると、
管理がしやすいでしょう。

西日本にはラビットアイ系、
東日本にはハイブッシュ系といったふうに、
おおまかに選びます。

特性を生かしてコンパクトにして、
管理するのもよいでしょう。


blueberry (7).jpg
収穫は最良のとき


■ブルーベリー 初めて育てるときのポイント

1.2品種以上を用意します
ブルーベリーの苗を求めるときは、
違う品種を2つ以上用意すると、実のつきがよくなります。

ただし、花の咲く時期が同じでないと、
他家受粉の効果を発揮できないので、
品種や花期を確認してから購入するとよいでしょう。

2.栽培に適した環境を
ブルーベリーにとって、
日光がよく当たり風通しもよいと理想的な環境です。
通気性のよい酸性の土壌に植え付けるようにしましょう。

ピートモスや鹿沼土などを加えると、さらによいです。
不安な場合は、専用培土を使ってもかまいません。

根は浅く広がるので、乾燥しやすい環境は厳しいです。
排水性のよい用土に植えて、
株元をマルチングする対策もよいでしょう。

雪が降る地域では、必ず雪囲いをして、
枝や幹が痛まないようにすることが大切です。


blueberryA (8).jpg
ジャムやアイスクリームに活躍します


3.植え付け時期と用土
ブルーベリーを植え付けるときは、
庭植えや鉢植えのいずれも、
晩秋または早春など芽の活動が停止してる時期が適しています。

それ以外の時期の植え付けの場合は、
根鉢を崩さないようにすると活着がよくなります。

土が多少やせていても、
PHが酸性(4~5)に傾いた方が安定するので、
有機物は生育に応じて、
少しずつ与えていくような感じでよいでしょう。

土壌の適湿を安定させるために、
地面にはバーク堆肥やもみがらなどを、
敷いておくなどするなどします。

>>ブルーベリーの育て方(鉢植え)はこちらです
>>ブルーベリーの育て方(庭植え)はこちらです

[ブルーベリー] ブログ村キーワード

ブルーベリーの収穫の時期は?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

blueberry (2).jpg

ブルーベリーはアメリカ原産の落葉果樹です。
美容と健康によいとされ注目をあび、
ジャムやサプリメントなどの原料としても、
大活躍する果物です。

涼しげでさわやかな紫色の果実は、
生食でもたいへん美味しく、
観光農園では果物刈りにも楽しまれている、
アイテムのひとつです。

アイスクリームやパフェなどのトッピングや、
ケーキやパイなどのスイーツに盛り込んでも、
彩が美しいです。

そこで、より美味しいブルーベリーの食べごろを、
知っておきましょう。


blueberry (4).jpg

■ブルーベリーの収穫の時期

1.最初の実は大きめ
ブルーベリーはイチゴのように、なりはじめの実が大きく、
収穫が進むに従って、サイズは小さくなっていきます。
紫色が濃くなってきたら、指で果実をはさんで、
軽くひいてみましょう。

熟していれば、簡単にとれるでしょう。
手のひらを上にした状態でそっと果実をとるようにすると、
落とす事が少なくります。

2.酸っぱい実がある
ブルーベリーは収穫期を迎えてからは、
毎日徐々に熟したものから収穫するようにします。
木が小さいときは、1日の収穫量はわずかです。

色が薄かったり赤紫のものは、まだ食べごろではありません。
果実が熟してないときは、
実が大きくても、酸味が強い場合があります。

見分ける方法としては、
果実の茎の付け根の赤みがあるかないかを観察します。

赤みが見られるものは、甘みが弱く酸っぱいです。
慣れるまでは、実際に食べて確かめてもよいでしょう。

3.収穫をしたら
ブルーベリーは収穫したてを生食で頂くのが、
最高の贅沢でしょう。

最初の大きい果実を生食にして、
その後の果実を加工用などに冷凍保存するのも、
良い方法です。

ブルーベリーの表面のブルームは、
果実を保護するはたらきがあるので、
むやみに触りすぎて落とさないように注意しましょう。

完熟したものは傷みやすく、
アリやコバエも集まってきやすいので、
放置しないようにまめに収穫をつづけます。
そして、その日に早めに冷凍するようにすることを、
おすすめします。

>>ブルーベリーの育て方(鉢植え)はこちらです
>>ブルーベリーの育て方(庭植え)はこちらです

[ブルーベリー] ブログ村キーワード

ブルーベリーの剪定方法は?

blueberry (1).jpg
色づいていくのがうれしいブルーベリー


ブルーベリーはツツジ科スノキ属の落葉樹で、
家庭園芸の小果樹としてよく利用されています。

剪定をしっかりほどこしておけば、
比較的管理がやさしいです。

春の白系の可憐な花、
酸味と甘みが凝縮されたきれいな果実、
秋の紅葉と、季節の趣と親しむことができるでしょう。


blueberry (6).jpg
花も鈴のようで愛らしいです


■ブルーベリーの剪定方法は?

1.実のつきやすい枝
ブルーベリーは株状に枝を出す性質があります。
結果母枝を育てるようにし、
結果母枝が少なくなった古い枝を処分します。

結果母枝はひと株につき、
4~5本程度が管理しやすいでしょう。

花芽は枝の先につけるので、枝先を刈り込む作業は、
最小限にとどめるように気を配ります。

2.冬に行う作業
ブルーベリーの剪定は、
主に冬の休眠中に作業を行います。
1~2月が作業の適期となります。

豪雪地帯では、
雪囲いを外せるようになったころでもよいでしょう。

枯れた枝や古くなって弱ってきた枝を、
付け根から切って整理しましょう。
シュートには実をあまりならせない方がよいので、
適度に切り詰めます。
逆枝や下垂枝を間引き、ゆったりと空間を持たせて、
風の通りや日差しが奥まで入るようにします。

3.夏に行う作業
ブルーベリーの枝を夏に切る場合は、
8~9月に作業を行うのがよいでしょう。
ひこばえの整理や間引きなどを中心に行います。
将来結果枝として育てる枝は、切り戻しをします。

それ以外の余分なものは、
栄養を取られたり樹形が乱れるので、
地際から切除してしまうのがよいでしょう。

また、収穫作業に支障が出るような混み合った枝なども、
間引いてもよいです。

株から離れがところからサッカーが出た場合は、
堀りあげて苗として育てます。

>>ブルーベリーの育て方(鉢植え)はこちらです
>>ブルーベリーの育て方(庭植え)はこちらです

[ブルーベリー] ブログ村キーワード