スポンサードリンク

lemon1.jpg
レモンの実


lemon2.jpg
レモン結実のとき


レモンは寒さに弱く、温暖な乾燥した気候を好みます。
そのため日本では、一部の地域を除いて、
庭植えでの栽培は難易度が高いです。

鉢植えのほうが、栽培しやすいでしょう。

若木のうちは花が咲いても結実しにくいですが、
5~6年もすると実つきも良くなります。

優良店で苗木を購入すれば、翌年からの結実も可能です。


レモン 鉢植え育て方

植え付け時期場所

植え付け管理
3月~4月に、水はけと保水性の良い用土を使って8号鉢に植え付けます。
用土は、赤玉土(小)6:腐葉土3:川砂1の割合で、
混合したものが良いでしょう。

植え付けたら、苗を鉢高と同じ高さで切り詰めます。
日当たりの良い暖かい場所で管理します。

レモンは根が良く張るため、
1~2年おきに植え替えると元気に育ちます。


lemon3.jpg
レモンは魚介類にも合いますね


仕立て方剪定から収穫まで

仕立て方剪定
樹勢が強いので、枝数を制限する間引き剪定をし、
模様木仕立てにするのが一般的です。
枝のバランスを見ながら剪定します。

側枝を2本伸ばし、新芽が吹く前に、
先端を切り詰めて伸ばします。

夏になったら針金をかけ、
枝を上向きにして紡錘形を作ります。
夏に伸びる枝(夏枝)は弱いので切り戻し、
先端を春に伸びる枝(春枝)にしておきます。

実がつくと枝が垂れ下がりやすくなるので、
支柱を立ててシュロ縄などでしばり、枝を支えます。

水やり
鉢の表面が乾いたら、水をたっぷりと与えます。
細根が張るので、乾燥と過湿に注意します。
特に夏は乾燥しやすいので、1日2~3回水やりをします。

水切れを起こすと、花が落ちてしまいます。
また、開花時には、花に水をかけないように水やりをすると、
結実がとてもよくなります。

施肥
3月と9月の年2回、親指大の固形肥料を、
鉢の縁近くに埋め込むように施します。

摘蕾摘果
春枝だけでなく、夏枝や秋枝にも花が咲くことがありますが、
良い実にならないので、早めに摘花します。

施肥
11月下旬~2月が収穫期です。
レモンは完熟させると香りが薄くなるので、
色づき始めたら収穫し、室内において追熟させます。

>>レモンの苗を各種見てみる

スポンサードリンク

人気の記事